ステッピングモータのピン配置図がない場合の配線方法

更新しました Nov 16, 2018

使用製品

Hardware

  • PCI-7330
  • PXI-7330
  • PXI-7340
  • PXI-7350
  • MID-7604
  • MID-7602

問題

ステッピングモータを持っていますが、モータのピン配列図がありません。 どのようにステッピングモータを配線すれば良いですか?

解決策

一般的に、2相ステッピングモータには、エンコーダ線を除く4、6 または8本のワイヤがあります(追加のエンコーダラインは含みません)。
一部のステッピングモータには、システムグランドに接続できるモータケースのグランドがあります。これは通常黒いワイヤであり、合計数に1本の追加線が追加されています(4本のコイル線 + 1本のケースグランド = 合計5本の線)。

最善策は、モータの製造元からピン配置の情報を入手することです。以下の手順を参照して2相ステッピングモータを配線します。



4コイルワイヤのステッピングモータの場合:
  • アプローチ1 (マルチメータを使用)
  1. マルチメータで各2相の抵抗を測定した際、それぞれの抵抗値は同じである必要があります。同相のワイヤ間の抵抗を測定した場合、開回路であるため抵抗値は無限となります。この方法で2組のワイヤを確認します。ワイヤペアは、同じくらいの内部抵抗があります。
  2. まずは極性(+/-)を無視してアンプにそれぞれのペアを接続します。正しい確率は50%です。
  3. モータを移動するコマンドを送信します。モータが間違った方向に回転した場合は、位相AとA-またはBとB-のいずれかを切り替えます(実際には方向を逆転させます)。
 
  • アプローチ2 (マルチメータを不使用)
  1. 任意のパターンで4つのコイルのワイヤをアンプに接続します。モータを動作させるコマンドを送信します。
  2. もしモータの動作が不安定あるいはまったく動作しない場合は、A相の1本とB相の1本の配線を交換してみます。
  3. モータが間違った方向に回転する場合には、A相とA-相またはB相とB-相のいずれか(方向を反転させる方)を切り替える必要があります。


各相にセンタータップがある6コイルワイヤのステッピングモータの場合:
  • センタータップの内部抵抗は全位相の半分である必要があります。最も簡単な方法は、マルチメータを使用して最大抵抗値を持つ2組のワイヤを見つけることです。
  • まずは極性(+/-)を無視してアンプに各位相を接続します。正しい確率は50%です。モータが反対方向に回転した場合、A相とA-相またはB相とB-相のいずれか(方向を反転させる方)を切り替える必要があります。

8コイルワイヤのステッピングモータの場合(モータの正確なピン配列を見つけることを強く推奨します):
  • 8本のワイヤは4つのペアで構成され、それぞれのペアの抵抗値は同じです。モータを分解せずにどの2つのペアがA相でどの2つのペアがB相であるのかを知るのは容易ではありません。

追加情報

ステッピングモータの配線がわかっている場合は、モータコントローラにステッピングモータを接続する方法については、モーションコントローラのユーザマニュアルを参照してください。
ナショナルインスツルメンツモーションコントローラのマニュアルは次のとおりです。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ