LabVIEWを使用してプログラム的にIEPE励起を有効にする

更新しました Sep 18, 2019

使用製品

Hardware

  • USB-4431
  • USB-4432
  • PCI-4461
  • PXI-4461
  • PXI-4462
  • PCI-4462
  • PXIe-4464
  • PXIe-4480
  • PCI-4472
  • PXI-4472
  • PCI-4472B
  • PXI-4472B
  • PCI-4474
  • PXIe-4492
  • PXI-4496
  • PXIe-4496
  • PXIe-4497
  • PXI-4498
  • PXIe-4498
  • PXIe-4499
  • NI-9232
  • NI-9218
  • NI-9233
  • USB-9233
  • NI-9234
  • USB-9234

Software

  • LabVIEW Full
  • LabVIEW Base
  • Measurement & Automation Explorer (MAX)

Driver

  • NI-DAQmx

その他

  • ANSI C

問題

次のような場合、プログラム的にIEPE励起を有効にするにはどうすればよいですか?
 

  • IEPE励起を有効にする必要があるハードウェアを使用する
  • エラー: IEPE励起を使用している間、このデバイスのAIチャンネルはDC結合をサポートしません
  • IEPEベースの圧力センサがある

解決策

IEPE励起電流は通常、マイクや加速度計などの圧電センサで使用されます。ダイナミック信号収集(DSA: Dynamic Signal Acquisition)モジュールでこの励起を簡単に有効にするには、音圧タスクまたは加速タスクを使用する方法です。スケールタスクではなく電圧タスクを使用している場合は、DAQmxチャンネルプロパティを使用して手動で設定できます。
 

LabVIEW、ANSI C、またはNI Measurement & Automation Explorer(MAX)で励起を有効にするには、以下の手順を行います。

 

 

LabVIEWで励起を有効にする

IEPE励起は、次の2つの方法のいずれかで有効になります。

  • DAQmxチャンネルを作成VIを使用する 

    DAQmxチャンネルを作成VIで加速度計タスクと音圧タスクには、直接入力端子があり、励起を設定することができます。

     
  • DAQmxチャンネルプロパティノードを使用する

    IEPE励起を供給する際にDSAデバイスを正しく作動させるために選択する必要がある5つのプロパティがあります。
     
    • Active Chans - IEPE励起を有効にしたいチャンネル。 空白のままにすると、DAQmxタスクのすべてのチャンネルに適用されます。
    • AI.Coupling - ACまたはDCカップリングを選択します。 すべてのCシリーズモジュールの場合、この値はACである必要があります。
    • AI.Excit.VoltageOrCurrent - IEPE励起は、電流励起です。
    • AI.Excit.Src - DSAモジュールが直接励起を供給するため、内部を選択します。
    • AI.Excit.Val - センサに必要な励起値を選択します。詳細については、IEPE Excitation Levels for NI DSA Devicesを参照してください。

     

 

 

ANSI Cで励起を有効にする

IEPE励起は、次の2つの方法のいずれかで有効になります。

  • チャンネルを作成する
    音圧タスクや加速度計タスクなど、一般にIEPE励起を使用するセンサを使用したタスクでは、次の2つの関数を使用してIEPE励起を有効にしたタスクを作成できます。
     
    DAQmxCreateAIAccelChan(taskHandle, "Dev1/ai0", "", 
    DAQmx_Val_PseudoDiff, -100.0, 100.0, DAQmx_Val_AccelUnit_g, 
    50, DAQmx_Val_mVoltsPerG, DAQmx_Val_Internal, 0.004, NULL); 
    
    DAQmxCreateAIMicrophoneChan(taskHandle, "PXI1Slot2/ai0", "", 
    DAQmx_Val_PseudoDiff, 
    DAQmx_Val_Pascals, 50, 120.0, DAQmx_Val_Internal, 0.004, NULL);

     
  • 手動でAttributesを設定する

    LabVIEWでこれらのプロパティを設定するのと同様に、以下の関数を使用してANSI Cでも各属性を設定できます。
     
    DAQmxSetAICoupling(taskHandle, "Dev1/ai0", DAQmx_Val_AC) 
    DAQmxSetAIExcitVoltageOrCurrent(taskHandle, "Dev1/ai0", 
    DAQmx_Val_Current); 
    
    DAQmxSetAIExcitSrc(taskHandle, "Dev1/ai0", DAQmx_Val_Internal) 
    DAQmxSetAIExcitVal(taskHandle, "Dev1/ai0", 0.021);

 

 

MAXでタスクを作成する

デバイスとインタフェースでIEPE対応デバイスに移動し、右クリックしてドロップダウンメニューからタスクを作成オプションを選択します。


 
  1. NI-DAQmxタスクの新規作成ダイアログボックスが表示されたら、信号を集録>>アナログ入力>>加速度>>IEPEを選択して、収集したい物理チャンネルを選択し、次へボタンをクリックします。
  2. タスクには任意の名前を付けることができます。
  3. 終了ボタンをクリックしてダイアログボックスを閉じ、構成ウィンドウに移ります。
  4. 構成タブで収集に必要なすべてのパラメータを設定します。
  5. 励起値にはIex値(A)というラベルが付いており、この値はセンサに供給される励起電流になります。
  6. 設定後、タスクを保存します。これで、このタスクをMAXで実行するだけでなく、LabVIEWで以図のようにDAQmxタスクを開始VIに直接配線することができます。

 

追加情報

有効にすると、IEPE励起は励起値(lex)を0 mAに設定して明示的に無効にするまでオンのままになります。DAQmxタスクをクリアしても励起は無効になりません。
 

励起電圧を供給できるのは、一部のデバイスのみです。使用方法は、この記事に記載されている方法に類似していますが、使用しているハードウェアが励起電圧を供給できることを確認してください。
 

一部のDAQmxタスクタイプは、選択可能な電圧しか提供できません。たとえば、9218ユニバーサル入力モジュールでは、モジュールが基本的な電圧タスクに対して最大12Vを供給することができても、ブリッジまたは歪みタスクは2.5 Vと3.3 Vの2つの電圧しか供給できません。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ