各種類のカウンタタスクに必要なカウンタ数

更新しました Apr 16, 2019

使用製品

Driver

  • NI-DAQmx

問題

DAQmxチャンネルを作成VIでカウンタを使用しようとしています。カウンタタスクにはいくつカウンタが必要ですか?

解決策

下記の表に、各カウンタの入力タスクと出力タスクに必要なカウンタの数を示します。設定により必要とするカウンタ数が異なる場合もあります。このような場合は、カウンタ数に影響を与える可能性のあるすべての設定も含まれています。


メモ: これらの表では、特にEおよびMシリーズDAQデバイスで使用されるカウンタ数をカバーしています。Xシリーズデバイスは、MシリーズとEシリーズデバイスで2つのカウンタを必要とするタスクをいくつか実行できます。その部分は、表の下にある注記に記載しています。Xシリーズデバイスにおけるカウンタタスクの詳細については、DAQ Xシリーズユーザマニュアルの第7章を参照してください。

 

カウンタ入力

カウンタ測定多態性インスタンスカウンタ数説明
CI周波数: 1つのカウンタによる低周波数1タイムベースの定数を使用するカウンタを1つ使用して、入力信号を測定
CI周波数: 2つのカウンタによる高周波数22つのカウンタを使用して信号のパルスをカウントし、測定時間の間に測定
CI周期: 2つのカウンタによる広範囲2除数によって入力信号の周波数を分割するカウンタを1つ使用し、
2つ目のカウンタが測定しやすい低周波数信号を作成
CIエッジカウント1タスクに含めることのできるカウンタ入力チャンネルは1つのみのため、
このVIでは1度に1つのカウンタ入力チャンネルのみ作成可能、
同時に複数のカウンタから読み取りを行うには、各カウンタに別のタスクを使用
CIパルス幅1CIエッジカウントと同様
CIパルス測定 (周波数/時間/ティック)1CIエッジカウントと同様
CI半周期1CIエッジカウントと同様
CI角エンコーダ1CIエッジカウントと同様
CIリニアエンコーダ1CIエッジカウントと同様
CI 2エッジ間隔1CIエッジカウントと同様
CI GPSタイムスタンプ1CIエッジカウントと同様



 

カウンタ出力


カウンタ出力アプリケーションのパルス生成のタスクには、COパルス周波数、COパルス時間、COパルスティックの 3つがあります。DAQmxタイミングVIでパルスの数を指定します。有限パルス列を生成するためにはカウンタが2つ必要です。

生成パルス数多態性インスタンスカウンタ数説明
単一1パルス生成はカウンタのターミナルカウントを基本とし、
カウンタレジスタがターミナルカウントに達すると、
パルスやトグル出力をソース周期分を1パルスとして生成
連続(タスクの最後まで無限)1DAQmxタイミングVIを使用し連続サンプルにサンプルモードを設定し、
ループを使い連続的なパルスを生成
有限2*1つ目のカウンタがパルス幅を決め、
2つ目のカウンタは1つ目のカウンタのゲートとして有限のパルスを生成



* Xシリーズデバイス上の1つのカウンタとSTC3テクノロジを搭載したcDAQシャーシでのみ実行できます。
 

メモ: 単一および有限パルス生成は再トリガ可能で、使用するカウンタ数は変わりません。

追加情報

シャーシまたは個々のデバイスが保持できる最大数は、cDAQラインに対して4つのカウンタです。さらにカウンタを追加するには、NI-9361などの特定のカウンタデバイスが必要です。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ