NI 9237で実際の励起電圧が指定した電圧と異なる

更新しました Oct 26, 2019

使用製品

Hardware

  • NI-9237

問題

  • 歪み または励起付きカスタム電圧 を使用してDAQmxタスクを作成する場合、タスクで指定したNI9237励起電圧は、Ex +とEx-間を測定した値と同じではありません。たとえば、6 Vの励起電圧を指定した場合、Ex +とEx-間に出力される実際の電圧は5 Vとなります。実際の電圧が指定した電圧と異なるのはなぜですか?
     
  • NI 9237のようなモジュールを使用して、トルクセンサに必要なDC10 Vおよび28 mAの信号励起を供給できますか?

解決策

NI 9237は、2.5 V、3.3 V、5 V、または10 Vの励起電圧のみを供給できます。利用可能な励起値以外の励起電圧を指定すると、励起電圧は最も近い利用可能な励起レベルに調整されます。
 

NI 9237で複数のチャンネルを使用して励起電圧を選択する場合、モジュールが最大150 mWの励起電力する仕様であることに注意する必要があります。モジュールの4ピンのEX+およびEX-コネクタで外部励起電圧を供給しない限り、NI 9237は必要に応じて内部励起電圧を自動的に低下させて、150 mW未満の合計電力を維持します。
 

NI 9237のADCで行われるすべての測定はレシオメトリックです。つまり、ブリッジによる電圧出力と励起電圧の比率です。 これにより、励起電圧の小さなドリフトの影響が緩和されます。



NI 9237で外部励起を使用する詳細については、関連リンクを参照してください。

追加情報

150 mWの制限により、次のようにハーフブリッジとフルブリッジに電力を供給できます。
 

  • 5.0 Vで4つの350Ωハーフブリッジ
  • 3.3 Vで4つの350Ωフルブリッジ
  • 2.5 Vで4つの120Ωハーフブリッジ


詳細については、NI 9237データシートの励起電圧セクションを参照してください。