Apple製品やMac OS XでNI myDAQを使用する

更新しました Dec 1, 2018

使用製品

Hardware

  • myDAQ University Kit
  • myDAQ Student Kit

Software

  • LabVIEW 2014 Full
  • LabVIEW 2014 Base
  • LabVIEW 2013 Base
  • LabVIEW 2013 Full

Driver

  • NI-DAQmx

Operating System

  • Mac OS X

その他

  • Apple MacBook
  • Apple iMac
  • Apple Mac Mini

問題

NI myDAQを購入しており、Apple Mac製品やMac OS Xで使用したいと考えていますが、これは可能ですか?

解決策

はい、Mac OS XおよびApple MacのハードウェアでNI myDAQを使用できます。推奨されるアプローチは、Mac OS専用に開発されたmyDAQ用NI DAQmxドライバを使用することです。しかし、弊社の顧客の中には、Mac OS Boot CampやVirtual MachinesでmyDAQを使用して成功したとの報告もあります。以下は、Mac OSでNI myDAQハードウェアを使用するための3つの利用可能な方法に関する詳細です。

 
  1. Mac OS XでmyDAQ用NI DAQmxドライバを使用する(推奨)
myDAQ用NI DAQmxドライバは、NI Labsでこちらの場所にあります。セットアップに役立つ詳細なガイドは、Getting Started With NI-DAQmx for myDAQ on Mac OS Xを参照してください。さらに、MAC OS X用にサポートされているLabVIEW開発システムも必要です。LabVIEW 2013または2014をサポートするMac OS X 10.7、10.8、10.9(64ビットカーネルのみ)が、このドライバに対応しています。

 
  1. Mac OS Boot Campアプリケーションを使用してMacコンピュータでMicrosoft Windowsを実行する
MacコンピュータでMicrosoft Windowsを実行するには、Mac OS Boot CampアプリケーションとMicrosoft Windowsオペレーティングシステムのライセンス版をサポートするMacコンピュータが必要です。Boot Campを使用してWindowsを実行すると、下記のオプション3に示すMac OS上で実行されている仮想マシン内ではなく、コンピュータ上でネイティブにオペレーティングシステムが実行されます。
 
Microsoft WindowsをMacコンピュータにインストールし、MacでNI myDAQをセットアップするには、以下の手順を行います。
  1. Boot CampとWindowsをインストールするには、Appleの指示に従います。これらの手順やその他のBoot Campのリソースは、AppleのWebサイト(Apple - Boot Camp Support)にあります。
  2. Mac OSコンピュータをWindowsで起動します。
  3. ホワイトペーパー NI myDAQをセットアップするのインストール手順を行います。
 
  1. 仮想マシン環境を使用してMacコンピュータでWindowsを実行する
多くのお客様から、MacでWindows版myDAQ用ドライバを実行するために仮想マシン(VM: Virtual Machine)環境を使用した成功例が報告されています。 これらのVMには次のものがあります。
  • Parallels
  • VMWare Fusion
  • Virtual Box

追加情報

NI myDAQはMac OS Xでサポートされていますが、サポートは上記のソフトウェアに限られており、ELVISmx Express VIおよびDAQmx Express VIもmyDAQ用NI-DAQmxではサポートされていません。

仮想マシンの場合、弊社がおこなったこれらの環境でのテスト結果では、パフォーマンスにいくつかの制限が見られました。これは主に、USBのエミュレーションレイヤと、VMとMac OSの間のトラフィック量に起因します。これらの制限は、以下のとおりです。
  • ハードウェアタイミングのアナログ入力は、myDAQを高速レート動作させるとバッファオーバーフローを起こす可能性があります。
  • ハードウェアタイミングのアナログ出力は、バッファアンダーフローまたはデータ書き込みの失敗が発生する可能性があります。
  • ソフトウェアタイミングのI/Oでは、要求と読み取り/書き込み間に遅延が発生することがあります。

ハードウェアタイミングのアナログ出力におけるパフォーマンスは、書き込みサイズを大きくして、ホスト上のバッファを増やすことで、性能が向上する可能性があります。

VMでNIハードウェアを使用する際の詳細については、Are NI Products Supported on Virtual Machines (VMs)を参照してください。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ