エラー -200802: LabVIEWでDAQmxからバッファサイズが0のエラーが発生する

更新しました Nov 6, 2019

使用製品

Driver

  • NI-DAQmx

問題

LabVIEWでNI-DAQmxを使用しているときに、DAQmx書き込みVIを使用してアナログ/デジタル/カウンタ出力を書き込もうとすると、次のエラーが表示されることがあります。
 

エラーコード-200802がDAQmx Write.viで発生
 

考えられる理由:
タスクが開始されていない、DAQmx書き込みへの自動開始入力がFALSE、サンプルタイミングタイプがオンデマンド以外、そして出力バッファサイズが0の場合は、書き込みを実行することができません。

DAQmx書き込みの前にDAQmxスタートを呼び出し、自動開始をTRUEに設定、サンプルタイミングタイプを修正、または出力バッファサイズを変更してください。

 


 

この問題を修正するにはどうすればよいですか?

解決策

このエラーは、ハードウェアタイミングシングルポイント(HWTSP)サンプルモードではDAQmxタスクのバッファを構成しないために発生します。この問題を解決するには、下図に示すようにデータを書き込む前にタスクを開始し、複数のサンプルではなく、一度に1つのサンプルを書き込みます。


 

追加情報

エラー-200802は、出力バッファに配置されるデータの量が大きすぎる場合に発生します。これは通常、次の2つの場合のいずれかで発生します。
 

  • 複数のサンプル(チャネルごと)がバッファ付きDAQmx書き込み用に構成されていない出力タスクに挿入されている
  • サンプルがタスクが開始される前にバッファ付きDAQmx書き込み用に構成されていない出力タスクに挿入されている


アプリケーションで一度に複数のサンプルを作成する必要がある場合は、代替として有限サンプルまたは連続サンプルのサンプルモードのいずれかを使用する必要があります。LabVIEWでソフトウェアタイミングのオンデマンドサンプルモードを実装するには、DAQmxタスク構成からDAQmxタイミングVIを使用する必要はありませんので、完全に削除します。
 

メモ: DAQアシスタントExpress VIをアナログ出力用に構成しているが、データ端子に信号が配線されていない場合、エラー-200802が表示されます。有効な信号を配線すると、このエラーは解決します。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ