LabVIEWでプロジェクトエクスプローラを使用してFPGAターゲットをシミュレートする

更新しました Nov 28, 2018

使用製品

Software

  • LabVIEW FPGA Module
  • LabVIEW 2016 Real-Time Module
  • LabVIEW
  • LabVIEW Real-Time Module

Driver

  • NI-RIO

問題

NI FPGAハードウェアを購入しましたが、ハードウェアを受け取る前にLabVIEW開発を開始したいと考えています。LabVIEWでFPGAターゲットをシミュレートすることは可能ですか?どのようにすればいいですか?

解決策

LabVIEW 8.0以降では、プロジェクトエクスプローラウィンドウを使用してデバイスをシミュレートすることで、物理ハードウェアを使用せずにLabVIEW FPGAアプリケーションの開発を開始できます。 この手順は、Real-Time CompactRIO、FPGAターゲット付きシングルボードRIO、またはRシリーズマルチファンクションRIO、FlexRIOデバイス、IF-RIOトランシーバなどのリモートFPGAターゲットをシミュレートするかどうかによって異なります。

FPGAハードウェアをシミュレートするには、以下の手順を行います。LabVIEW FPGAモジュールと、RIOドライバがコンピュータにインストールされている必要があります。 これらのドライバ(この記事の関連リンクにあります)は、LabVIEWがFPGAターゲットをシミュレートするために必要な情報をインストールします。このドライバがインストールされていない場合は、プロジェクトまたはマイコンピュータを右クリックしてもターゲットとデバイスオプションが表示されません。お使いのドライバデバイスの最新バージョンをダウンロードするには、ドライバのダウンロードページにアクセスして製品(CompactRIO、FlexRIOなど)を検索してください。

CompactRIOまたはシングルボードRIOシステムの一部としてFPGAターゲットを追加する場合は、LabVIEW Real-Timeモジュールもインストールする必要があります。

メモ: cRIOまたはsbRIOのFPGAターゲットのみをシミュレートできます。リアルタイムプロセッサは、これらのターゲット上でシミュレートすることはできません。

 

CompactRIOまたはSingle-Board RIO:

  1. Real-Timeターゲットを追加するには、プロジェクトエクスプローラウィンドウの上部にあるプロジェクト名を右クリックし、New>>Targets and Devices...を選択します。


     

  2. 次に、物理ターゲットなしで作成できるデバイスのリストが表示されます。目的のターゲットタイプを強調表示して、OKをクリックします。 新しいターゲットは、プロジェクトエクスプローラウィンドウの名前付きプロジェクトの下に配置されます。


     

  3. スタンドアロンのcRIOコントローラを追加した場合は、ターゲットを右クリックしてNew>>Targets and Devices...を選択して、シャーシをプロジェクトに追加します。コントローラとシャーシを統合したcRIOを追加した場合、この手順は不要です。


     

  4. スタンドアロンのcRIOコントローラを追加した場合は、Add Targets and DevicesウィンドウでNew Target or deviceを選択して、追加するシャーシを選択します。コントローラとシャーシを統合したcRIOターゲットを追加した場合、この手順は不要です。


     

  5. 新しく追加されたシャーシを右クリックし、New>>FPGA Targetを選択します。


     

  6. CompactRIO(cRIO)シャーシを追加した場合は、FPGAターゲットを右クリックし、New>>C Series Moduleを選択し、Add Targets and DevicesウィンドウでNew Target or deviceを選択して、Cシリーズモジュールを追加できます。 Cシリーズモジュールの項目を選択し、OKをクリックします。


     

  7. 新しいCシリーズモジュールウィンドウで、目的のモジュールとスロットを選択し、OKをクリックします。モジュールがプロジェクトエクスプローラウィンドウに追加されます。


     

  8. FPGAターゲットを右クリックし、Select Execution Mode>>Simulation (Simulated I/O)を選択して、ローカルマシン上で実行するFPGA VIのコードを設定します。


     

     

RシリーズマルチファンクションRIO、FlexRIO、またはIF-RIOデバイス:

  1. シミュレートされたFPGAターゲットを追加するには、マイコンピュータを右クリックし、新規>>ターゲットとデバイスを選択します。


     

  2. ターゲットとデバイスの追加ウィンドウで、新規ターゲットまたはデバイスを選択し、物理ターゲット表示なしで作成できるデバイスのリストを選択します。目的のFPGAターゲットを強調表示し、OKをクリックします。新しいターゲットは、プロジェクトエクスプローラウィンドウのマイコンピュータの下に表示されます。


     

    メモ: ドライバがインストールされているデバイスのみ、新しいターゲットまたはデバイスリストで使用できます。


     
  3. FPGAターゲットを右クリックし、実行モードを選択>>シミュレーション(シミュレートするI/O)を選択して、ローカルマシン上で実行するFPGA VIのコードを設定します。


     

デバイスの手順が完了したら、ハードウェアなしでLabVIEWアプリケーションの開発を開始できます。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ