CompactDAQでのアナログトリガを使用してデータ収集を開始する

更新しました Oct 26, 2019

使用製品

Hardware

  • NI-9205
  • NI-9206
  • NI-9775
  • CompactDAQ Chassis

Driver

  • NI-DAQmx

問題

CompactDAQ(cDAQ)シャーシとアナログ入力モジュールでアナログトリガを使用したデータ収集を行えますか?

解決策

これは、使用しているアナログ入力モジュールによって異なります。NI 9205、NI 9206、およびNI 9775は現在、アナログトリガをサポートする唯一のcDAQモジュールです。シャーシ上の任意のスロットでこれらのモジュールのいずれかを使用して、タスクのアナログトリガを構成できます。
 

このタスクには、アナログトリガをサポートしない他のモジュールが含まれる場合がありますが、タスクに少なくとも1つのNI 9205、NI 9206、またはNI 9775が含まれている限り、タスク全体がアナログトリガを待機することができます。他のアナログトリガと同様に、指定されたトリガソースはスキャンリストの最初のチャンネルである必要があります。
 

NI 9775デジタイザを使用する場合は、例外があります。アナログトリガは有限サンプル収集のみで使用でき、連続サンプル収集では使用できません。
 

以下のリストは、ハードウェアの構成例です。
 

  • NI 9205、NI 9206アナログ入力モジュールまたはNI 9775デジタイザモジュール
  • cDAQアナログ出力モジュール
  • マルチスロットcDAQシャーシ

 

 

ステップ 1: ハードウェアを取り付けて構成する

  1. NI 9205/9206/9775モジュールと出力モジュールをcDAQシャーシに取り付けて、コンピュータに接続します。Measurement & Automation Explorer(MAX)でシャーシとモジュールが正しく認識されていることを確認し、付与されたモジュール名を確認します。(例: ModcDAQ1Mod1)。
  2. トリガアナログ信号をNI 9205/9206/9775モジュールに配線します。任意のアナログ入力チャンネルを使用できます)。
  3. 特定のアプリケーション(例: cDAQ1Mod2)の必要に応じて、出力モジュールから出力チャンネルを配線します。

 

 

ステップ2: DAQmxを使用してハードウェアトリガを構成する

  1. LabVIEW VIで、NI 9205/9206/9775モジュールのAI電圧タスクを作成し、物理チャンネルをアナログ入力信号の物理チャンネルに設定します。
  2. アナログエッジを使用してトリガするようにAIタスクを設定し、トリガソースをアナログ入力信号の物理チャンネルと同じに指定します。
  3. 関連する物理チャンネルで新しいAO電圧タスクを作成します。
  4. AOタスクをデジタルエッジを使用してトリガするように設定し、トリガソースをcDAQ開始トリガに設定します。この例では、/cDAQ1/ai/StartTriggerになります。これは、NI 9205/9206/9775モジュールがトリガされたときにデジタルエッジが送信される内部チャンネルです。
  5. AIタスクの前にAOタスクが開始するようにエラー配線を繋げます。

 

この方法で、NI 9205/9206/9775をトリガソースとして内部cDAQラインに個別のデジタルエッジを送信し、出力モジュールのタスクをトリガ開始します。このページに添付されているAnalog Trigger with CompactDAQ.viは、この方法のサンプルプログラムです。

追加情報

NI 9205およびNI 9206モジュールの最大サンプルレートは250 kS/sですが、アナログ帯域幅(アナログトリガを含む)は370 kHzです。これは、取得できるよりも高い周波数の信号を接続してトリガできることを意味します。たとえば、最大1.35マイクロ秒のトランジェント(370 kHz信号の半周期)から大幅な減衰なしでトリガできますが、この周波数を超えると、減衰した場合に信号が設定されたトリガレベルに到達されずにデバイスがトリガされないため、信号減衰を考慮する必要があります。
 

メモ: この方法は、cDAQ-9172では動作しません。