エラー -201003: MAXまたはLabVIEWでタスクを実行するとエラーが発生する

更新しました May 28, 2019

使用製品

Hardware

  • PCIe-6363
  • NI-9213
  • USB-6008
  • cDAQ-9174
  • cDAQ-9188

Software

  • LabVIEW
  • Measurement & Automation Explorer (MAX)
  • Firmware

Driver

  • NI-DAQmx

問題

  • 3つの異なるデバイスからデータを収集するようにプログラムされたLabVIEWアプリケーションがありますが、デバイスの1つだけを使用しています。ほとんどの場合、プログラムは1つのデバイスしか接続されていなくても正常に動作しますが、デバイスが接続されていないというエラー-201003が発生することがあります。他の機器を接続してもエラーが発生します。

     
  • PCIe-6363などのNIデータ収集(DAQ)デバイスを新しいコンピュータまたは別のコンピュータで使用しようとしています。セルフキャリブレーションやセルフテストを実行してもエラーが発生しませんが、MAXでタスクを作成しようとすると、エラーが発生します。
     

エラーコード-201003が不明位置で発生

考えられる理由:
デバイスにアクセスできません。考えられる原因:
デバイスがシステムに存在しません。
デバイスの電源がオンになっていません。
デバイスの電源がオンになっていますが、一時的にオフになっています。
デバイスが破損しています。

 


 

代わりにタスクを実行すると、エラーが表示されずMAXがフリーズすることがあります。この問題を修正するにはどうすればよいですか?

解決策

エラー-201003は、以下の理由で発生する可能性があります。
 

  • DAQmxが正しくインストールされていないか、更新されていません。
  • DAQデバイスのスロット位置が変更されました。
  • デバイスが破損しています。


この問題は、デバイスドライバ、オペレーティングシステム(OS)、および開発環境間のソフトウェアの非互換性が原因で発生する可能性があります。ハードウェアとコンピュータのOSをサポートする最新のソフトウェアバージョンを使用していることを確認してください。ハードウェア、OS、およびソフトウェアでサポートされている最新のデバイスドライバがない場合は、最新のドライバをインストールしてコンピュータを再起動してください。
 

下記のリンクにある互換性の表を参照して、LabVIEW、OS、およびドライバのバージョンがすべて互換性があることを確認できます。
 


デバイスドライバが最新バージョンでも問題が解決しない場合は、次の追加手順を試します。
 

  1. デバイスの電源が入っていて、OSによって検出されていることを確認します。これを行うには、コントロールパネル>>デバイス マネージャーの順に選択して、データ集録デバイスカテゴリを展開します。このセクションにデバイスが表示されている場合は、デバイスが正しくインストールされており、OSによって検出されていることを示しています。そうでない場合は、コンピュータの電源を入れなおします。
    • デバイスが表示されない場合は、デバイスの電源が正しく入っていることを確認します。多くのデバイスには電源LEDがあります。このLEDが点灯していることを確認します。そうでない場合は、デバイスまたは電源が破損している可能性があります。別の電源を試します。
       
  2. モジュールがデバイス マネージャーに表示されたら、Measurement&Automation Explorer(MAX)に移動して、デバイスがデバイスとインタフェースの下に表示されるかどうかを確認します。MAXの旧バージョンには、DAQmxデバイス用のサブディレクトリがあり、そこでデバイスが見つかります。表示されても同じエラーが表示されたり、フリーズする場合は、NI-DAQmxをアンインストールしてから再インストールします。正しいバージョンを入手するか、必要に応じて更新バージョンを入手するようにします。
     
  3. CompactDAQスタンドアロンコントローラを使用している場合、すべてのモジュールが初期化される前に実行ファイルが実行されると、このエラーが発生する可能性があります。アプリケーションを実行する前に少し待機するか、プログラム的に待機関数を追加してDAQmx関数の実行を遅らせます。
     
  4. ネットワークcDAQを使用している場合は、ファームウェアが最新で、インストールされているDAQmxのバージョンと互換性がある ことを確認してください。
     
  5. 最後に、デバイスがMAXに表示されていてもテストパネルからエラー-201003が発生する場合、DAQアシスタントがMAXからの以前の設定情報をまだ保持しており、デバイスはドライバと対話していますがエラーを返します。DAQアシスタントのデバイス構成を更新するには、同じデバイスを使用するVI内でDAQアシスタントのインスタンスごとに以下を実行します。
    1. DAQアシスタントをダブルクリックして、構成>>詳細に移動します。
    2. 物理チャンネルの下の項目を右クリックし、物理チャンネルを変更を選択します。
    3. 表示されるメニューウィンドウから現在のデバイス構成を選択し、MAXをチェックインしてデバイス番号が一致することを確認して、正しい設定であることを確認します。
       
  6. 別の方法として、デバイスを右クリックしてメニューから名前の変更を選択し、MAXの下にあるDAQデバイスの名前を変更することもできます。


デバイスがデバイス マネージャーに表示されない、またはMAXに表示されない場合は、デバイスが破損している可能性があります。この場合は、ナショナルインスツルメンツのサポートに問い合わせてください。

追加情報


 

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ