エラー -200019: 前回の変換が完了する前にADC変換が試みられました

更新しました Jul 1, 2019

使用製品

Driver

  • NI-DAQmx

その他

ADCを搭載したすべてのNIハードウェア

問題

  • DAQmxタスクのレートを上げるとエラー-200019が発生するのはなぜですか?
  • エラー-200019のため、マイタスクが実行されません。
  • アナログ入力のサンプリングに外部クロックを使用しています。低いレートでデータをサンプリングすると、すべて正常に機能します。外部クロックの周波数を上げると、エラー-200219が発生します。
  • クロックがデバイスの仕様内のレートで動作していても、外部クロックを使用してアナログ入力をサンプリングするとエラー-200019が発生します。

 

エラー -200019: 前回の変換が完了する前にADC変換が試みられました。

2つのADC変換の間の期間を延長してください。外部クロックを使用している場合は、
クロック信号にノイズやグリッチがないか確認してください。

 

解決策

外部クロックの場合でも、タスク設定で指定されたレートによってバッファサイズやその他のタスクパラメータが決まります。データを上書きしないようにするには、レートを最大の予想クロック周波数に設定する必要があります。以下は、エラー-200019に対して考えられる解決策です。
 

  • サンプリングレートを下げて、ADCが変換する時間を長くできるようにします。
  • デバイスの仕様を確認して、サンプリングレートが最大許容サンプリングレートよりも小さくします。
  • DAQmx読み取りVIのタイムアウト値を増やします。
  • 外部クロックを使用している場合は、オシロスコープまたはDAQデバイス自体の入力で視覚化して、外部クロック信号の整合性を確認します。この外部信号のエッジにグリッチやノイズがあると、1つのエッジのグリッチが複数のエッジであると誤認される可能性があるため、想定以上にサンプリングされる可能性があります。これにより、より多くのサンプルが読み取られ、より多くのADC変換が行われ、このエラーが発生します。
    • PFIを外部クロックの入力端子として使用している場合は、デジタルグランド(D GND)をクロックソースデバイスのグランドに接続して、クロック信号のノイズを減らすことができます。
       
  • 上記の手順を実行してもエラーが解決しない場合は、NI MAXデータベースをリセットしてみてください。これにより、DAQmxタスク内の潜在的な破損が取り除かれ、再起動することで実行中のタスクが強制的に停止されます。

追加情報

エラー-200019は、現在の変換が完了する前にADCがアナログ信号をデジタル表現に変換するように要求されたときに発生します。ADCはサンプルクロックが超えることができない変換レートがあります。
 

メモ: 同時サンプリングデバイスでは、使用するチャンネル数に関係なく、最大サンプリングレートが1つになります。同時にサンプリングされていない(マルチプレクサを使用する)デバイスは、サンプリングされているチャンネル数に依存する最大サンプルレートがあります。たとえば、4チャンネルのデータを収集するときの250 kS/sの総サンプルレートは、1チャンネルあたり250 kS/4 = 62.5 kS/sの最大サンプルレートになります。
 

同時サンプリングの例:

NI 447x サンプリング仕様


マルチプレクスサンプリングの例:

NI 6323 サンプリング仕様

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ