ロープロファイルPCIカードとは?

更新しました Nov 17, 2018

問題

ロープロファイルPCIカードとは何ですか?標準のPCIカードとは電気的および機械的にどう違うのですか?

解決策

ロープロファイルPCIカード(LPPCIまたはハーフハイトカードとも呼ばれます)は、小型フットプリントシステムで使用されるPCIカードの設計を標準化するために開発された、より小型のPCIカードです。ロープロファイルPCIカードは、PCI Local Bus Specification(改訂2.2以降)に準拠しており、2000年後半にはPCI SIG GroupによってEngineering Change Notice(ECN)のフォームファクタ要件も採用されています。

電気的な違い
ロープロファイルのPCIカードは、標準のPCIカードと同じ信号プロトコル、電気的定義、および構成定義を持っています。標準のPCIカードと同様に、ロープロファイルPCIカードは3.3 V PCIスロットを使用します。ナショナルインスツルメンツのロープロファイルPCIカードは、他のPCIスロットと電気的に下位互換性があります。


機械的な違い
ロープロファイルのPCIカード規格は、既存のPCIローカルバス仕様に新しいメカニカルカードの高さと深さの仕様を追加しました。低プロファイルPCIカードには、MD1(32ビットカード対応)とMD2(32ビットカードまたは64ビットカード対応)の2つの標準長が定義されています。

追加情報

MD1ロープロファイルカードの寸法
MD1は、エッジコネクタを含む最短32ビットPCIカードであり、長さ119.91 mm(4.721インチ)、最大高さ64.41 mm(2.536インチ)と定義されています。

MD2ロープロファイルカードの寸法
MD2は、長さが最長のロープロファイルPCIカードであり、エッジコネクタを含む長さは167.64 mm(6.600インチ)、最大幅は64.41 mm(2.536インチ)と定義されています。MD1よりも長いロープロファイルPCIカードは、すべてMD2カードとみなされます。MD2は、最も広く利用されているロープロファイルカードのフォームファクタです。標準のPCIに加え、多くのPCI ExpressカードもMD2ロープロファイルのフォームファクタに準拠しています。 

標準(フルハイト)PCIカードの寸法
比較のため、標準(フルハイト)PCIカードのブラケットの高さは120 mm (4.70インチ)、カードの高さは107 mm (4.20インチ)です。この高さは、カードのエッジコネクタを含む寸法です。フルハイトカードでは、フルレングスおよびハーフレングスという2種類の長さが定義されています。フルレングスPCIカードの長さは312 mm (12.283インチ)、ハーフレングスPCIカードの長さは175.26 mm(6.9インチ)です。フルレングスカードは最新のPCケースに納まらない場合が多いため、最新のカードはハーフレングスとなっています。ハーフレングスまたはフルハイトと記載されているカードでも、実際の寸法はこれらの最大寸法よりも小さい場合が多く、適切に設置されているフルハイトブラケットを使用すれば、標準のフルハイトPCIスロットに取り付けることができます。

ロープロファイルPCIカードのブラケットおよび固定用ネジの寸法
ロープロファイルPCIカードでは、ブラケットの高さは79.2 mm (3.118インチ)まで低くなり、固定用ネジもブラケットの折り目側に1.35 mm近くなっています。この金属の固定用ブラケットの高さの違いにより、ロープロファイルPCIカードは標準のPCIスロットにしっかりと取り付けることはできません。より小さいブラケットは、標準のデスクトップ、タワー、または3UラックマウントのPCケースには使用できませんが、新型のスモールフォームファクタ(SFF)のデスクトップケースまたは2Uラックマウントケースで使用できます。ナショナルインスツルメンツでは、ロープロファイルのPCIカードを標準のPCIスロットに確実に固定するためのブラケットアダプタは販売していません。 

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ