NI Volume License Manager(VLM)を新しいサーバへ移行する

更新しました Nov 18, 2022

環境

ソフトウェア

  • Volume License Manager

  • NIボリュームライセンスマネージャー(VLM)の設定を新しいサーバへ移行、移動したいと思います。これは可能でしょうか?
  • ボリュームライセンスサーバを別のコンピューターIDを持つ新しいコンピューターに移動しました。この新しいコンピューターでサーバを起動して実行するには、どのような手順を行う必要がありますか?

以下は、NIボリュームライセンスマネージャーを新しいサーバに移動する際に推奨される手順です。
注:手順が成功したことが確認されるまでは古いサーバを残しておくことを推奨いたします。

 

NI VLM 3.0以降の場合

1.ライセンスサーバ設定ファイルのエクスポートと設定 
[ファイル] >> [ NIVLMをバックアップ/復元]を選択し、既存のNI VLMサーバのバックアップファイルを作成します( NI VLMバックアップの作成を参照)。

2.新しいライセンスファイル
サービスID、新しいサーバ名、サーバコンピューターIDをagreements@ni.comに電子メールで送信して、National Instrumentsに新しいライセンスファイルをリクエストします。

3.新しいライセンスサーバのセットアップ
新しいサーバにNIボリュームライセンスマネージャーをインストールし、初回起動時に[以前のNI VLM3.xインストールから設定をインポートする]を選択します。ここで手順1で作成したバックアップを選択します。
入門ウィザード以外では、別のサーバからのバックアップを使用することはできません。初回起動時の状態に戻す必要がある場合、別のNI VLMで作成したバックアップを使用する方法を参照してください。
  

 

NI VLM1.0からNI VLM2.1の場合

1.ライセンスサーバのファイルと設定のエクスポート

  1. [オプション] >> [アクティビティログの保存...]に移動して、古いサーバからアクティビティログを保存します。
  2. コンプライアンスログを保存します。このログには、.logファイル拡張子と構成ファイルnivlm.cfgが含まれています。構成ファイルnivlm.cfgには、アクセス許可とクライアント情報の両方が含まれています。このファイルを移動すると、新しいサーバでこの情報を再入力する必要がなくなります。これらのファイルは、<National Instruments>/Volume LicenseManagerにあります。
2.新しいライセンスファイル
National Instrumentsに新しいライセンスファイルをリクエストします。新しいコンピューターIDとアクティビティログの両方を古いサーバから送信します。 National Instrumentsは、コンピュータID、アクティビティログ、および契約IDを使用して、新しいライセンスファイルを生成します。

3.新しいライセンスサーバのセットアップ
  1. NI Volume License Managerをインストールします
  2. [オプション] >> [ライセンスファイルのインストール...]に移動して、新しいライセンスファイルを新しいサーバにインストールします。
  3. アクティビティログとコンプライアンスログ(どちらも.logファイル拡張子が付いています)と、新しいサーバの構成ファイルnivlm.cfgを、古いサーバからのそれぞれのコピーに置き換えます。これらのファイルは、<National Instruments>/Volume LicenseManagerディレクトリにあります。 nivlm.cfgを新しいサーバにコピーするときは、新しいサーバのVLMが閉じていることを確認してください。
  4. [オプション] >> [設定]に移動して、新しいサーバで設定を行います。

 

追加情報

クライアントの変更

上記の変更は、クライアントではなくサーバーに影響します。クライアント側で変更を行わずに上記の更新を行いたい場合、IT管理者の方に問い合わせを行い、DNSアドレスによる通信を使用し、新しいサーバのDNSアドレスを古いサーバのDNSアドレスに変更します。この方法が使用できない場合、各クライアントPCのNI License Managerにおいて、新しいサーバのIPを指定、追加するかボリュームライセンスインストーラを使用し、クライアント側の設定を変更する必要があります。詳細はクライアントコンピューターから新しいライセンスサーバーを選択する方法を参照してください。