NI-845xでI²C通信のプルアップ抵抗を有効にする

更新しました Jun 29, 2019

使用製品

Hardware

  • USB-8452
  • USB-8451

Software

  • LabVIEW

Driver

  • NI-845x

問題

NI-845xシリアルデバイスでI²C通信のプルアップ抵抗を有効にするにはどうすればよいですか?

解決策

NI-845xデバイスプロパティノードを使用して、I²C Pullup Enableプロパティを選択します。有効または無効にするには、それぞれTrueまたはFalseのブール値を入力します。


 

このプロパティの詳細については、NI-845x Hardware and Software Manualを参照してください。

追加情報

I²Cバスドライバはオープンドレインです。つまり、対応する信号ラインをLowに引き下げることはできますが、Highにすることはできません。したがって、あるデバイスがラインをHighに駆動しようとしているときに別のデバイスがラインをLowに駆動しようとするバスの競合が発生することはなく、ドライバの損傷またはシステム内で過度の電力損失の可能性を排除します。各信号ラインにはプルアップ抵抗が付いており、どのデバイスもLowにアサートしていないときに信号をHighに復元します。 I²Cバスの詳細については、外部リンク: I2C at the Hardware Levelを参照ください。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ