DAQアシスタントで単一タスクに複数の測定タイプを設定する

更新しました Feb 28, 2019

使用製品

Driver

  • NI-DAQmx 7.2
  • NI-DAQmx 7.3

問題

DAQアシスタントで、単一タスクに含まれている仮想チャンネルと一致する測定タイプでない限り、別のタイプの仮想チャンネルを追加できないのはなぜですか?

解決策

DAQmx 7.2以前では、DAQアシスタントで同じ測定タイプでない限り、単一タスクに複数の仮想チャンネルを追加することはできません。
 

NI-DAQmx 7.2では、DAQアシスタントで単一タスクに複数の仮想チャンネルを追加できますが、仮想チャンネルは同じI/Oタイプ(電圧、温度、ひずみなど)と同じものである必要があります(アナログ入力、カウンタ出力など)。たとえば、最初の仮想チャンネルがアナログ電圧入力仮想チャンネルの場合、他のすべての仮想チャンネルもアナログ電圧入力チャンネルである必要があります(つまり、アナログ歪み入力チャンネルはこのタスクでは機能しません)。
 

タスクに異なる測定タイプの仮想チャンネルを含めるには、まずNI-DAQmx 7.3以降がインストールされていることを確認する必要があります。
 

DAQmxの現行バージョンでは、単一のタスクが同じI/Oタイプの一部である限り、複数の測定タイプの仮想チャンネルを含めることができます。たとえば、電圧測定と温度測定はどちらもアナログ入力I/Oタイプに該当するため、単一タスクで両方の仮想チャンネル測定タイプを使用できます。下図に示すように、異なる測定タイプの仮想チャンネルをタスクに追加するには、チャンネルを追加ボタンをクリックします。
 

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ