LabVIEWライセンスウィザード画面を回避する

更新しました Jul 19, 2019

使用製品

Software

  • NI License Manager
  • Volume License Manager

問題

  • LabVIEWを起動するたびに、LabVIEWライセンスウィザードがすべての評価版ソフトウェアに対して警告を表示したり、使用していない、または使用開始する必要がないソフトウェア(たとえば、学生版やベースパッケージ)の起動を要求します。
  • 複数のNIソフトウェアをインストールし、VLMサーバを利用するようにNI License Managerを構成しました。割り当てられたライセンスに含まれていないため、インストールされた製品の中にはまだ評価中のものやアクティベートしていないものもあります。
  • 不要なバージョンのアクティブ化を要求するのを停止するために、ライセンスウィザードを非表示にするにはどうすればよいですか?
  • LabVIEWのライセンスウィザード画面がこの画面を再表示しないオプションをチェックしても、または画面にオプションチェックボックスが表示されていなくても常に表示されます。

解決策

シングルシートライセンスの場合

  1. 評価期間が終了するまで待機します。その後、NI License Managerはネットワークライセンスを見つけて、サーバからソフトウェアをアクティブ化する必要があります。
  2. ポップアップウィンドウでNIアカウントにログインします。
  3. ポップアップでソフトウェアをアンインストールします。
  4. アクティブにしたくないソフトウェアに関連するライセンスファイルを削除します。 このフォルダのファイルパスは以下の通りです。
    • ライセンスフォルダのパスは、非表示のフォルダに含まれています。隠しファイルを表示する方法については、下記の追加情報セクションを参照してください。
    • NI License Managerバージョン3.7以降の場合は、評価ライセンスフォルダの名前(Licenses)を変更できます。
Windows XP<Program Files>\National Instruments\Shared\License Manager\Licenses\
Windows Vista以降<ProgramData>\National Instruments\License Manager\Licenses\

 

 

ボリュームライセンスの場合

  1. 上記の手順を試します。
  2. 問題が解決しない場合は、NI Software in Evaluation While Also Connected to Volume License Serverのオプション3で説明されているように、NI License Manager 4.0以降でクライアントコンピュータのサーバを一旦削除してから再追加します。

追加情報

Licensesフォルダを表示するには、Windowsの隠しファイルやフォルダの表示するように設定する必要があります。

  1. コントロールパネルを開いて、エクスプローラーのオプションをダブルクリックして開きます。
  2. 表示タブを選択して、詳細設定の欄でファイルおよびフォルダーの項目に移動します。
  3. 隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示するオプションを選択してOKボタンを押します。

 

上記のファイルパスに移動して、ライセンスウィザードから要求されている対応するライセンスファイルを削除することができます。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ